FXは短期トレード、長期トレードどちらがいいの?

FXでは自分の好きなタイミングで売買をすることができますので、短期で決済することも、長期保有することも可能です。

長期保有する場合は1つ気をつけなくてはならないことがあります。
取引をしているブローカーが会社としてしっかりとした財務基盤を持っているかどうかです。
もし長期保有している間に会社が破綻するようなことがあった場合、ポジションが清算されてしまうことがあります。

どこかの会社が事業を買収して継続することができればポジションを持ったままということも可能ですが、財務基盤がしっかりしていない会社で取引をする場合はシステムも不安定になることがあります。



短期トレードの場合はそこまで気にする必要はありませんが、長期保有目的であれば会社選びは非常に重要になってくるのです。

目的に応じたlivedoorニュースの情報ならこちらを参考にしてください。

短期トレードをする場合はどのような点に着目したら良いのでしょうか。

短期トレードでは取引をする回数が多くなる傾向があります。
つまりスプレッドが大きければそれだけ手数料分が大きくなってしまいますので、できるだけスプレッドが狭い会社を選ぶと良いでしょう。

日本の会社の多くは海外と比較すると驚くほど狭いスプレッドになっています。
それは日本のFX会社の多くがDD方式を採用しており、スプレッドによる収益以外にも会社が利益を上げる方法を持っているためです。



FX取引を行う場合は損失を出してしまうリスクもありますので、注意事項をしっかりと確認してから取引をしましょう。